海と山、自然に囲まれた地域 静岡県牧之原市観光協会のホームページです。

静岡県牧之原市観光協会

大鐘家「国の重要文化財指定」

大鐘家

 「大鐘家(ooganeke)」の長屋門と母屋は約300年前の建築物で、国定重要文化財に指定されています。 大鐘家の祖先は古くまで遡ることが出来ます。 大鐘家七代目「大鐘藤八郎貞綱」は、戦国武将「柴田勝家」の城家老でした。貞綱は1597年(慶長2年)に、越前(福井県)丸岡より遠州相良に移り住みました。 江戸時代の大鐘家は、旗本三千石の格式を持ち、18世紀初めには、大庄屋となり、大鐘屋館を築きました。
 約一万坪の敷地内の庭園には、アジサイ、花菖蒲、芙蓉等が植えられ、四季の花々が楽しめます。裏山に登れば、富士山、駿河湾が一望出来ます。

大鐘家石垣

場所 牧之原市片浜1032
地図の表示 Googleマップで表示する
問い合せ 0548-52-4277 (大鐘家)
ホームページ http://www3.tokai.or.jp/oganeke/
大鐘家の催事 こちらをクリック
料金 利用時間等季節により異なるため、お問い合せ下さい。

<< 歴史・伝統一覧に戻る

↑ PAGE TOP