海と山、自然に囲まれた地域 静岡県牧之原市観光協会のホームページです。

静岡県牧之原市観光協会

「塩の道」 起点

塩の道起点

 牧之原市はかつて遠州と呼ばれた地域です。
遠州では、海水からの塩作りが盛んに行われ、塩の一大生産地でした。
昔の人々は、海から塩や海産物を運び、山からは木材や山の幸を運び、その道は「塩の道」と言われていました。
 「秋葉街道」は、遠州から塩尻(長野県)を結ぶ道で、古来からの日本三大「塩の道」であり、「秋葉神社」への信仰の道でもありました。
塩の生産拠点と運搬の起点のひとつであった、相良地区には、「塩の道の起点の碑」があります。

場所 牧之原市波津大原
地図の表示 Googleマップで表示する
問い合せ 0548-53-2646(牧之原市社会教育課)
パンフレット 塩の道パンフレット(pdf)
ルート地図 GoogleMapで見る

塩の道起点


<< 歴史・伝統一覧に戻る

↑ PAGE TOP