海と山、自然に囲まれた地域 静岡県牧之原市観光協会のホームページです。

静岡県牧之原市観光協会

鈴木梅太郎

鈴木梅太郎 「鈴木梅太郎」は、当時人々を苦しめた「脚気」の予防に役立つ「オリザニン(ビタミンB1)」を発見した、農芸化学者です。
「理化学研究所」の設立者の1人でもあります。また、合成清酒を発明した人物でもあります。
 明治7年(1874年)4月7日。梅太郎は、堀野新田村(牧之原市堀野新田)、農家の次男として生まれました。
梅太郎は小さい頃から学問が好きで、15歳の頃には単身上京し、 1889年に東京農林学校(現・東京大学農学部)に入学、1893年総代で卒業しました。
その後、同大学院を経て、1901年、ドイツ、ベルリン大学へ留学。エミールフィッシャー教授のもとで 、タンパク質やアミノ酸の分析について学びました。
 その当時、日本では「脚気」が蔓延し深刻化していました。
明治43年(1910年)、世界で初めて、梅太郎は米ぬかから脚気防止に有効な成分を発見し、「オリザニン(ビタミンB1)」と名付け、脚気の治療に大きく貢献しました。

鈴木梅太郎夫妻の墓は、了見寺(地図)にあります。

■お問い合せ: 0548-53-2646(牧之原市社会教育課)


↑ PAGE TOP