海と山、自然に囲まれた地域 静岡県牧之原市観光協会のホームページです。

静岡県牧之原市観光協会

般若寺 陣太鼓・杉戸

般若寺

「般若寺(はんにゃじ)」には、田沼意次ゆかりの品が所蔵されています。

所在地 牧之原市大沢695-1
地図の表示 goo地図で表示する(外部リンク)
お問合せ先 0548-52-1602(般若寺)
文化財に対するお問い合せ 0548-53-2646(牧之原市社会教育課)

○陣太鼓

 この太鼓は、明和4年(1767年)、相良藩主"田沼意次"が、相良城築造を命ぜられた際に、江戸の「お太鼓師」に作らせた秘蔵の太鼓です。
重厚で素晴らしい音色で、
「背負ったか(しょったか)相良の陣太鼓」と言われ、名高い陣太鼓でした。
相良に海賊が襲来したとき、この陣太鼓を打ち鳴らし撃退した、と伝えられています。

張皮の一面が30cmほど鋭利な刃物で切り裂かれています。 陣太鼓の中に、金塊が詰まっていると噂があり、大正の初め、それを信じた盗賊の仕業であると伝えられています。

陣太鼓

○杉戸

 本堂には、相良城の御殿大書院にあった「襖戸」が現存します。
この襖戸に描かれている絵は、徳川将軍に重用された絵師"狩野典信"の作と伝えられています。
相良城取壊しの際、競売に掛けられた品々の中の一つと言われています。

杉戸


<< 歴史・伝統一覧に戻る

↑ PAGE TOP